ホテル【 ジンエアーで行くプサンの旅4日間 】

今回、宿泊したのは釜山一の繁華街・南浦洞(ナンポドン)の隣にある富平洞(プピョンドン)GnBホテル。

 

まだ新しいホテルなので、あまりタクシードライバーには知られていないようだ。

 

 

 

ホテルの外観

この日は天気が良かったので空がきれい☆

 

 

フロントはシンプル

スタッフは若い人ばかりだけど、ゲストの役に立ちたいという懸命さを感じる。

写真の右手奥がエレベーターホールで、ルームキーがないとホールへのドアを開けられないから、セキュリティも良い!

 

 

 

 

 フロントの前にはカフェが併設されており、チェックイン時に滞在中、毎日使える無料コーヒー券をもらえる。

 

 

 

スタンダードダブルの部屋

 

これくらいの広さがあれば、スーツケースを広げることができるよね♪

 

 

便利グッズ☆

湯沸かしポットはワタシにとって必需品!

 

備え付けのコーヒーも割と美味しかった。(韓国では信じられないくらい薄いコーヒーや緑茶が多い)

 

もちろん、冷蔵庫には無料の水が毎日2本セットされる!

 

大型液晶テレビは有線放送も見られるので、韓国ドラマ好きは、うれしいだろう♪

 

 

バスルーム

トイレが温水洗浄暖房便座じゃないのはガマンする。

ところが、寒さ厳しい韓国の12月だから、わざわざバスタブ付の部屋にしたのに、強力換気扇のせいで恐ろしく寒いバスルームは、お湯を溜められない仕組みだった。(正確に言えば、お湯は溜められるけど、排水に問題がある!)

 

何も知らない初日、バスタブに湯を張りカラダを温めてから排水してシャワーを使おうとしたら・・なんと、排水された水は排水溝ではなくバスルームに流れ出て、もう少しで部屋までお湯があふれそうになった!

何をどうしたら、そういう仕組みになるワケ?

 

 

このバスルームを何とかすれば、コスパの良いホテルと言える。